忘(わす)れていた目(め)を閉(と)じて 取(と)り戻(もど)せ恋(こい)のうた
青空(あおぞら)に隠(かく)れている 手(て)を伸(の)ばしてもう一度(いちど)

忘(わす)れないですぐそばに 僕(ぼく)がいるいつの日(ひ)も
星空(ほしぞら)を眺(なが)めている 一(ひとり)人きりの夜(よ)明(あ)けも

たった一(ひと)つの心(こころ) 悲(かな)しみに暮(く)れないで
君(きみ)のためいきなんて 春風(はるかぜ)に変(か)えてやる

陽(ひ)のあたる坂道(さかみち)を 自転車(じてんしゃ)で駆(か)けのぼる
君(きみ)と失くした思い出乗(での)せて行(ゆ)くよ

ララララ 口(くち)ずさむ くちびるを染(そ)めて行(ゆ)く
君(きみ)と見(み)つけたしあわせ花(ばな)のように

忘(わす)れていた窓開(まどあ)けて 走(はし)り出(だ)せ恋(こい)のうた
青空(あおぞら)に託(たく)している 手(て)をかざしてもう一度(いちど)

忘(わす)れないよすぐそばに 君(きみ)がいるいつの日(ひ)も
星空(ほしぞら)に輝(かがや)いてる 涙揺(なみだゆ)れる明日(あした)も

たった一(ひと)つの言葉(ことば) この胸(むね)に抱(だ)きしめて
君(きみ)のため僕(ぼく)は今(いま) 春風(はるかぜ)に吹(ふ)かれてる

陽(ひ)のあたる坂道(さかみち)を 自転車(じてんしゃ)で駆(か)けのぼる
君(きみ)と誓(ちか)った約(やく)束(そく)乗(の)せて行(ゆ)くよ

ララララ 口(くち)ずさむ くちびるを染(そ)めて行(ゆ)く
君(きみ)と出(で)会(あ)えたしあわせ祈(いの)るように
君(きみ)と出(で)会(あ)えたしあわせ祈(いの)るように

haluka 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()